イギリスからBMWの壁掛け時計を買ってみる

アラ太の同僚退職しました。正確には有休消化して来月付け退職です。

一か月ほど前に突然携帯がなり、久々に東京出張で来ているとのこと。そして今回が最後の出張だといいます。何やら訳ありな予感がします。仕事中でしたが、通帳の記帳という理由で外出 東京駅八重洲口前の喫茶店へ会いに出かけました。

”いろいろお世話になった 正直、将来が見えてこない 最後のチャンスだと思い起業することにした いとこ名義で既に登記は済ませた これで最後の東京出張になる” と彼は言いました。

彼はアラ太より2歳年下 10年勤めて今回、卒業と言うわけです。もともと営業マンだった彼が10年前に入社したのはうちの会社が自動車用品の事業を始めたころ専門商社勤務での経験が豊富だった彼には随分と助けられました。 営業の経験の無いアラ太 上代 下代 ネット単価 赤伝 インセンティブ そしてリベート 全くちんぷんかんぷんでした。

このご時世 どこの会社も定期昇給はなかなか難しいのかもしれません。 もともと自動車が大好きで以前はマスタング、今はBMWを駆って昔、若いころなら週末になると峠を攻めていたそう。 脱サラして親戚と起業する彼。 アラ太も最近、ネットで商材を仕入れ転売しているがなかなかうまく行かない と話したところ、 ”正直、物流が発達したこのご時世、継続的に利益を出すのは難しい。やはり付加価値だけが商売になる。自分の場合は自動車向け電装品を開発した。少々、プログラミングも勉強した。1ユニット数万円の売り上げになる 以前から続けていたが最近、ようやく月間100万の粗利に手が届いた” と言いました。 ”実は有難いことに、取引先から転職の誘いもあった 今でも不安で寝付けない日もある しかし一回決めたこと 命がけで頑張る” 彼は淡々とそう告げました。

アラ太は正直、出遅れたショックと彼の決意に圧倒され、何と答えたかもあまり記憶にありません。 また会おう、と言って別れました。

彼の退職祝い あまり高価なものは避け、BMWをあしらったグッズがないかネットを調べたところスピードメーター型の壁かけ時計がありました。 国内で15000円の値がついています。イギリスのサイトを見ると日本円で送料を入れ6000円ほど 早速注文しました。 まだ届くのは先ですが初めての欧州からの買い物を楽しみにしています。

Share
スポンサーリンク

フォローする