明治神宮外苑のいちょう祭りへ

今年もこの時期が来てしまいました。職場の元上司と奥さん、毎年恒例で来ている神宮外苑のいちょう祭り。東京では名物として有名です。最近は急に寒くなった東京。昨日は小雨でしたが今日は幸い、青空が覗く好天。元上司との待ち合わせは外苑前のそば屋さん。11:30に指定のお店へ着くとなんとお休み。うどん党のアラ太ですが、こちらのそばは本格的でおいしい店なのに残念。結局、そのお隣りの中華料理店へ。こちらのお店は料理の鉄人でお馴染み、周富徳さんのお店。ランチセットを3人でおいしくいただきました。

お店では会社の近況報告。オーナー社長の相変わらずな経営を淡々と報告。実は経営もかなり綱渡り。 元上司のほうはというと神奈川の30年過ごしたマンションを手離し、再来年、同じ地域のマンションを購入し転居することを決めたとのこと。転居までまだ時間はありますが、断捨離をしている際に捨てるに忍びないので、とアラ太に本を2冊頂きました。愛知の某有名校を卒業した上司の同級生の本。1冊は会計、もう一冊は企業倒産について。納税額で日本一となったこともある著名な弁護士先生のご本、ありがたく頂き、頑張って読むことにします。

店を出て早速、いちょう並木へ。 並木入り口で今年も焼き芋屋さんの甘い誘惑でお出迎えです。

毎年お馴染みの光景ですが、タイミングによって葉の残りかたが違います。今年はほどよく色づいており、ほどよく葉が残っているようです。

年々外国人が増えているように感じます。アラ太自身もそうですが、SNSやブログ用でしょうか、写真撮影で人の流れが混沌としています。

並木の突き当りでは出店が出ています。焼き鳥、とうもろこし、ビール 以前は見て回りましたが最近はスルーしています。

このいちょう祭りが終わるとあっという間にクリスマスから年末年始です。ちゃんと心に刻み付けて来年同じいちょうの木を、今年とは違う気持ちで見物できるように気合を入れないと!

元上司とお別れをして地下鉄で銀座へ移動。移動している途中でこんな店を通りすがり、思わすパシャリ。

入ったことはありませんがこの名店、もう店じまいするんだとか。レトロは雰囲気プンプンです。 青山も銀座も凄い勢いで様変わりしています。建物もどんどん建て替わっています。

永遠に続くものなんて無いんでしょうかね。そういえば、いちょうの木はジュラ紀の恐竜時代から現存する最古の植物なんてウンチクが看板にありました。環境に適応し続けた結果、今も存在しているんですね。(・_・D フムフム。。。

Share
スポンサーリンク

フォローする