労働者派遣の未来

アラ太は労働者派遣業に従事しています(スタッフさんをお世話するほうです)。ちょくちょくニュースになりますが、いわゆる派遣法改正が行われたのが2015年9月いろんな方面の思惑で緩くなったり厳しくなったりする派遣法。昨今の流れでは少子高齢化に伴う社会保障費増大のあおりで派遣社員にも正規社員同等の社保加入が義務付けられたり、非正規雇用増大の流れから一定の年数を派遣で経過した労働者は正規雇用されなければならなくなってきています。

派遣会社を指導しているのは厚生労働省 地域の労働局が管轄です。労働局の中でも労働者派遣業を指導しているのは需給調整事業部といいます。まさに労働力の需要と供給のバランスを取るのが仕事 っていうことなんでしょうね。昨今、アラ太の住む東京は売り手(供給優位)市場と言われていますが派遣会社としてまったく実感がありません。人手が不足している理由は団塊世代が大量退職したのと永らく新卒採用を控えてきたのが限界に来たんでしょうか?でも人を採用したい割には派遣料金をなかなか上げて頂けないんですよね。派遣料金上昇のニュースは本当でしょうか?

管理部門のアラ太ですが、その視点から人材サービスについて綴っていきます。

Share
スポンサーリンク

フォローする